1部屋あたりの増改築費用を最も安くするには、どんな方法があるか、まとめてみた

 

"我が家は和室だった部屋を洋室に変えたことがあります。

それ以外でもいくつかリフォームをしていますが、和室から洋室に変えたときが一番インパクトが強かったです。

一部屋だけリフォームをする場合にはあまり費用がかからないと思うかもしれません。

確かに部屋の壁紙を替えたり、窓やドアを取り替えてフローリングを取り替えるぐらいであれば100万円以内でリフォームすることは可能です。

ですが、これが家の増築となるとそう簡単にはできません。

今まであった建物の一部を壊して延長して部屋を作るわけですので、基礎の部分も作らなければなりません。

耐震性の問題だってあります。

その家の造りにも関係しますが、ツーバイフォーの場合には変え自体が住宅の耐震性と強く関係していますのでリフォームをするにしてもかなり制限をされてしまい、増築をすることができない場合もあります。

ですが、リフォーム会社に調べてもらったところ我が家は従来工法というものでしたのでリフォームは問題なくすることが出来るようです。

費用の問題ですが、これを出来るだけ安くするには、無駄な飾り付けなどをしないことです。

我が家の場合も優先順位を付けて、畳をフローリングにして和室を洋室にするようにしましたが、それ以外は特にこだわりはありませんでしたので、できるだけ安い物を利用しました。

また、自分達で用意できるものはホームセンターなどで用意することで費用を抑えることが出来たのです。

"